美品 大切な レザークラフトVol.8 特集:この◯◯がスゴい 超話題新作 500円 定価2

【美品】レザークラフトVol.8 特集:この◯◯がスゴい!! 定価2,500円

1000円 【美品】レザークラフトVol.8 特集:この◯◯がスゴい!! 定価2,500円 本、雑誌 アート、エンターテインメント 工芸 技法書 定価2,500円,/graziery186371.html,【美品】レザークラフトVol.8,特集:この◯◯がスゴい!!,1000円,本、雑誌 , アート、エンターテインメント , 工芸 , 技法書,matomo.screenpartner.no 美品 大切な レザークラフトVol.8 特集:この◯◯がスゴい 500円 定価2 1000円 【美品】レザークラフトVol.8 特集:この◯◯がスゴい!! 定価2,500円 本、雑誌 アート、エンターテインメント 工芸 技法書 定価2,500円,/graziery186371.html,【美品】レザークラフトVol.8,特集:この◯◯がスゴい!!,1000円,本、雑誌 , アート、エンターテインメント , 工芸 , 技法書,matomo.screenpartner.no 美品 大切な レザークラフトVol.8 特集:この◯◯がスゴい 500円 定価2

1000円

【美品】レザークラフトVol.8 特集:この◯◯がスゴい!! 定価2,500円

レザークラフトに関する様々な情報を発信するLEATHER CRAFT Vol.8では旅行に最適な季節に向けて、トラベルグッズを特集。
旅に欠かせないデジカメを入れるケースや海外旅行に持っていきたいパスポートケース、旅先で貴重品を入れて歩くためのショルダーバッグやボディバッグの作り方を紹介します。
また、各メーカーやショップがリリースする道具やアイテムにクローズアップし、そのこだわりポイントなどを見ていきます。
そして、古くから日本のレザークラフト界に多大なる影響を与えてきたエル・ゴメ氏や、真鍮と革を使って時計を作る末吉晴男氏、ディフォルメされた可愛い革のぬいぐるみを作る金田日出秋氏など、様々な職人やアーティストも紹介しています。
そして、犬のリードや首輪を製作するアトリエサーシャのこだわりや、クラフト社が新発売したレザーサウルスなど、今号も革に関する情報が満載となっています。

●特集1 この◯◯がスゴい!!
●Out Of Leather Craftsman EL GOME
●色革を楽しむ。
●トラベルグッズを作って出かけよう! - デジカメケース / ボディバッグ / パスポートケース / 2Way ショルダーバッグ
●接着剤の基本~後編 徹底解剖~
●犬と人をつなぐ犬具
●鋲絵師の仕事
●エキゾチックスキンからエキゾチックレザーへの道
●革のぬいぐるみ作家 金田日出秋
●浅草もの作り工房
●末吉晴男が刻む時の世界
●新鋭職人 本山知輝
●革屋に聞く「革の基本」
●レザーサウルス大決戦
●2k540 AKIOKA ARTISAN

出版社:スタジオタッククリエイティブ
発売日:2012/5/10
言語:日本語
大型本:160ページ
ISBN-10:4883935353
ISBN-13:9784883935352

※全体的に多少経年劣化(色褪せ等)がある場合がございますが良い状態です。



【美品】レザークラフトVol.8 特集:この◯◯がスゴい!! 定価2,500円

乃木坂46 鈴木&岩本が語る11年目の挑戦

乃木坂46が、29枚目のシングル『Actually…』を3月23日にリリースした。11年目を迎えたグループの挑戦がたっぷり詰まったシングルであり、クールで斬新な表題曲をはじめ、ギャップを楽しめるカップ…

ザ・ウィークエンドが成功に至るまで【後編】

カナダ最大の都市トロント出身のシンガーソングライター、 ザ・ウィークエンド。スムースな声とダークなリリック、オルタナティブなR&Bから80’sのダンスポップまでこなす、今最も売れているアーティ…

EXILEリレーインタビュー最終回:橘ケンチ

2001年9月27日のメジャーデビュー以降、メンバーの勇退や加入を繰り返しながら、音楽シーンの最先端を走り続けているダンス&ボーカルグループ EXILE。2021年9月27日にデビュー20周年のメモリ…

なにわ男子藤原丈一郎、広がる活躍の場

ラジオ番組『関西ジャニーズJr.のバリバリサウンド』(FM大阪)から大橋和也、高橋恭平と共に3月末での卒業を発表したなにわ男子 藤原丈一郎が、同局にて4月4日から新番組『藤原丈一郎のなにわんだふるラジ…

櫻坂46、地上波番組ソロ出演での活躍

 櫻坂46メンバーの地上波テレビ出演ラッシュが続いている。毎週のレギュラー出演が決まっている朝の情報番組『THE TIME,』や『ラヴィット!』(以上TBS系)に加え、最近はバラエティへの出演も増…

牧野由依ら季節を彩る女性声優の歌声

3月も終わりに近づき、新年度・新生活に胸躍る4月も目前。肌寒さ残る日もまだあるが、街中で聴こえるBGMは暖かな季節へ向かう人たちの背中を押すナンバーへと移り変わり、改めて春の訪れを感じる機会も増えてき…

平成から令和、ラブソングのMVに見る変化

春の訪れに、どこか浮き足立つ自分がいる。2月のバレンタインにはドキドキするようなラブソングが街を彩り、それが過ぎると今度は卒業や入学、環境の変化による別れと出会いを扱った曲が街に溢れるようになるのだ。…

Movie

音楽・映画ニュース・TVドラマ情報とレビュー

映画記事一覧

『キム秘書』から進化した『社内お見合い』

『キム秘書はいったい、なぜ?』(2018年)は近年、韓国ドラマにハマった人にとってオフィスを舞台にした韓流ロマンティック・コメディの代名詞的作品だ。いまやマーベル俳優となったパク・ソジュンと『気象庁の…

『私ときどきレッサーパンダ』の凄さを解説

ピクサー・アニメーション・スタジオから、新たに時代を変革し、後世にまで大きな影響を与えることになるだろう、アニメーション映画の名作が、ついに出現した。『私ときどきレッサーパンダ』である。  ディズニ…

“声の作家”として読み解く濱口竜介

「自分自身に耳を傾けなかった。だから僕は音を失ってしまった」(※1)  これは、濱口竜介監督作『ドライブ・マイ・カー』に出てくる台詞の一節なのだが、文字にして抜き出すと、ユニークな印象を受け…

『相棒』反町隆史と水谷豊の7年間を振り返る

テレビ朝日系ドラマ『相棒 season20』で、7年にわたり4代目「相棒」を務めてきた反町隆史が、3月23日放送の第20話「最終回スペシャル『冠城亘最後の事件―特命係との別離』」で卒業を迎える。そこで…

向井理、役者として新たな黄金期へ

俳優の中には、年をとればとるほど魅力的になる人もいる。向井理は、まさにそのひとりではないだろうか。  現在公開中の映画『ウェディング・ハイ』では後半のキーパーソンとなる役を妙演。出番は決して多くない…

三浦透子、絶妙な“距離感”の表現力

『カムカムエヴリバディ』(NHK総合)で三代目ヒロイン・ひなた(川栄李奈)の幼なじみであり良き理解者として登場するのが一恵(三浦透子)だ。しっかり者で頼りになる一恵は幼少期よりひなたの“お姉さん”のよ…

『呪術廻戦 0』北米で初登場No.2

『呪術廻戦』旋風がアメリカの映画館に上陸した。2022年3月18日~20日の北米興行収入ランキングは、おなじみ日本の人気コミック『呪術廻戦』(集英社刊)の初の映画作品である『劇場版 呪術廻戦 0』がな…

Tech

テクノロジー×エンタメの情報とレビュー

テック記事一覧

停電時のiPhoneのバッテリー節約術

災害時や急な電力逼迫における備えはいくつあっても足りないもの。特に大事になるのがスマートフォンのバッテリーだ。緊急時におけるスマートフォンはライト機能や災害情報の検索、家族や友人との連絡など、様々な用…

中国の若者に「代替肉」が人気に

最近、“フードテック”という言葉を巷でよく聞くようになった。フードテックとは、フード(Food)とテクノロジー(Technology)を融合させた造語で、従来の枠をこえた新しい形で食品を開発したり、調…

ヒカル、8000万円のヴァイオリンを入手

“金持ちYouTuber”ヒカルが、最終的に10億円のお宝Getを目指して展開する、資産家に高額品の物々交換を持ち掛けるわらしべ長者企画。およそ1年間かけて計7回のトレードを繰り返し、ヒカルの私物だっ…

はじめしゃちょーがポケカの資格を取得

はじめしゃちょーが、3月19日にポケモンカードの「イベントオーガナイザー」の資格を取得したことを報告した。 ポケモンカードの資格を取りました。 ポケモンカードの大会を開催する権利 イベントオーガナ…

『今日好き。卒業編2022』5話

2月21日よりABEMAにて放送中の恋愛番組『今日、好きになりました。卒業編2022』(以下:今日好き)。現役高校生たちが3泊4日の修学旅行に飛び出し、運命の恋を見つける同番組には、時に甘酸っぱく、思…

朝倉未来、1億円の土地に不法投棄され激怒

総合格闘家でYouTuberの朝倉未来が、自身の購入した1億円の土地にゴミが不法投棄されていることに激怒した。 許せないことが起きた  「許せないことが起きた」と題して公開された動画で朝倉は、所属…

Book

ブック情報とレビュー

ブック記事一覧

「SFマガジン」編集長インタビュー

昨年12月、溝口力丸氏が「SFマガジン」編集長に就任した。溝口氏は、担当した同誌の百合特集や伴名練『なめらかな世界と、その敵』をヒットさせるなど、SFに新風を吹きこんできた。その編集者としての歩みと「…

『もう別れてもいいですか』レビュー

郵便受けを開けると喪中はがきが入っていて、58歳の主人公は「また?」と独り言ちる。しかし、改めて目を通した喪中はがきにあったのは、親ではなく、「夫」の文字。そこで主人公の心の声が飛び出す。 「……羨…

プロ漫画家が小3から現在までの絵を公開

漫画家の慎本真(しんもと・しん)氏が、自身のYouTubeチャンネルで自身の小学生時代から、プロ絵師12年目までのイラストの成長記録を公開。視聴者から反響が寄せられている。  慎本氏は「ゲンロン…

福嶋亮大『ハロー、ユーラシア』を語る

中国文学者・批評家である福嶋亮大氏の書籍『ハロー、ユーラシア 21世紀「中華」圏の政治思想』(講談社)は、21世紀のユーラシアにおけるイデオロギーがどのような状況にあるのかを、「ユーラシア大陸を横断す…

『シティーハンター』グッズがおもしろい

北条司による人気コミック・アニメ『シティーハンター』の主人公、冴羽獠。おちゃらけた普段の様子と、圧倒的な実力を見せる“仕事の顔”のギャップがファンを惹きつけてやまないが、そんな彼の誕生日は「3月26日…

李琴峰『生を祝う』レビュー

李琴峰が『彼岸花が咲く島』で芥川賞を受賞し、その後の第1作目として発表されたのが、『生を祝う』だ。本作が「出産に子供の同意が必要な世界」の話だと知ったときに真っ先に頭に浮かんだのは、芥川賞受賞スピーチ…